Get to Know the Legacy of EDC(EDCを紐解こう)

By January 22, 2017 All

エレクトリック・デイジー・カーニバル(EDC)は1997年に初めて着手されてから長い道のりを歩んできました。
90年代後半のロサンゼルスでアンダーグランド・ムーヴメントとして始まり、今では世界中で最も革新的なフェスティバルとしての進化を遂げ、感度が高いそれぞれの地元の口コミで広まったイベントから、世界中のRAVERやエレクトロニック・ミュージック・カルチャー愛好者たちの通過儀礼へと変貌を遂げてきました。

2017年4月に記念すべき日本での初開催を迎えるにあたって、今一度EDCの歴史と遺産を再び振りかえってみましょう。

Electric Daisy Carnival (EDC) has come a long way since first launching in 1997. What started as an underground movement in late-‘90s Los Angeles has now evolved into one of the most groundbreaking, forward-thinking festivals in the world, transforming from a local word-of-mouth event to a rite of passage for ravers and lovers of electronic music culture worldwide.

With EDC Japan now marking the latest global destination for the festival this coming April, we thought it time to revisit the history and legacy of EDC.

Old-School-EDC-100x666-NEW

EDCはロサンゼルスで1997年に初開催されました。この1年はアメリカにおけるカルチャー史において、EDCが動き始めた変化の年となりました。
Insomniac(インソムニアック)の代表であり、創業者のパスクアーレ・ロテラと彼のRAVER仲間たちは、やがて現代のエレクトロニック・ミュージック界最大級のカルチャー・ムーヴメントとなるであろう、EDCの企画を進めていました。

ロテラはロサンゼルスにあるシュラインオーディトリアムというイベントホールで行う新しいダンスイベントの初開催を実施し、EDCの第一回目であったにも関わらず、彼は想像性を掻き立てるクリエイティブなプレイグランドの可能性を見出し、華やかなデイジーといった花々や素晴らしい照明でステージを見事に装飾し、EDCを彩る大事な要素としてオーディエンスの感覚を刺激しました。
現在の規模に比べるとたった6000人でしたが、屋内の会場で汗まみれになって真剣に踊り狂うオーディエンスたちのバイブスやエネルギーが最高潮に過熱し、その後のフェスティバル文化の将来に衝撃を与えるきっかけとなったのです。

そのデビューから現在進行形でEDCはさらなる急成長を遂げています。2009年にはプエルトリコで開催、北米中の都市へとその勢力を拡大し、EDCのホームを築いています。
2011年フロリダ、2011年ネバダ、そして2012年はニューヨーク/ニュージャージーでも開催。
その他、テキサス(2001年)、コロラド(2008年)、そしてシカゴ(2013年)でも開催されています。

2007-2010年、EDCは2009年にロサンゼルスの巨大なメモリアル・コロッセウムとその周りにあるエ
クスポジションパークホームを移行し、ここで初めて2日間のフェスティバルへと規模を拡大します。また、2011年には大胆にもネバダ州にあるラスベガスモータースピードウェイと拠点を移し、それは現在でも密度の濃い世界最大級のダンスミュージックとして3日間連続開催されています。

ここ数年は、国外にその羽を広げ、2013年にイギリス、2014年メキシコ、2015年ブラジル、そして2016年はインドでも開催しています。日本はEDCの5つ目の国外開催地として、EDCの歴史において記念すべき幕開けになることでしょう。

We begin in Los Angeles in 1997, a critical year in American culture and the start of it all for EDC. Insomniac CEO and Founder Pasquale Rotella and his crew of merry ravers were about to unveil what would soon become the biggest cultural movement in modern electronic music: Electric Daisy Carnival.

Rotella was set to debut the new event series at the Shrine Auditorium in Los Angeles. Even at EDC’s inaugural event, Rotella saw its potential as a creative playground for the imagination, with illuminated daisies lighting up the onstage production and sensory stimulation serving as a key pillar for the festival. With roughly 6,000 dancing, sweating attendees getting down within the indoor venue, the vibes and energy were at maximum overdrive, providing an early glimpse of the festival’s future cultural impact.

Since its debut, EDC has continued to grow exponentially. The festival has seen many homes and has spread across various cities in the US, with national installments in Puerto Rico, launched in 2009; Florida, launched in 2011; Nevada, launched in 2011; and New York/New Jersey, launched in 2012. Events have also been held in Texas (2001), Colorado (2008) and Chicago (2013).

From 2007–2010, EDC had a new home in Los Angeles at the massive Memorial Coliseum and the surrounding Exposition Park, and in 2009, the festival expanded to two days for the first time. By 2011, EDC made its biggest and boldest move—to Las Vegas Motor Speedway in Nevada, where it currently resides—and became a full-blown three-day event.

In the past few years, EDC has spread its reach, with international editions in the UK, launched in 2013; Mexico, launched in 2014; Brazil, launched in 2015; and India, launched in 2016. Japan marks EDC’s fifth international destination and the latest global chapter in EDC history.

EDC-Stage-1000x667-NEW
2016年、EDCは20周年という素晴らしい節目に到達しました。
北米最大級のミュージックフェスティバルとして確固たる地位を築きあげ、EDCラスベガスの3日間はチケットがすぐさま完売、400,000人以上のファンは朝日が昇るまで踊り、20周年を共に祝い合い、ダンス、ミュージックカルチャー、クリエイティビティ、そして人生・生命の素晴らしさを讃え合いました。

世界中でEDCが成長しているなか、フェスティバルのコアなスピリットは今日も変わることはありません。大事なのは、創造、個性、想像、平和、愛、調和、そしてお互いを尊重しあう心です。

EDC Japan で皆さんにお会いすることを楽しみにしております。共にElectric sky の下で踊りましょう!

In 2016, EDC reached an impressive milestone as it celebrated its 20-year anniversary. A sold-out crowd of more than 400,000 fans across the three days of EDC Las Vegas danced until sunrise at the Motor Speedway, solidifying the event as the largest music festival in North America. EDC’s landmark 20th anniversary celebrated dance music culture, creativity, and an appreciation for life’s beautiful moments.

As EDC continues to grow around the world, the core focus of the festival remains the same to this day: to celebrate creativity, individuality, imagination, peace, love, unity and respect.

We look forward to seeing you at EDC Japan, as we dance together Under the Electric Sky!

Author Insomniac Editorial Team