ヘッドライナーのみなさま、本当にありがとうございました。

ニュースレターに登録して、最新情報を誰よりも早く手に入れよう!

GALLERY

NEWS

準備はバッチリ? 当日券も販売&注意事項もしっかりチェック!

EDC Japan、2日目がもうすぐゲートオープン! (English below) 参加に備えて、以下の事項もお目通しくださいませ。 当日券 各日GA1日券 16,000円(税込)を販売いたします。(午前10時〜:TICKET/BOX OFFICEにて) 再入場不可 18歳以上入場可、VIPは20歳未満入場不可。 入場時IDチェック有り:パスポート/運転免許証/住民基本台帳カード・外国人登録証・障害者手帳・在留カード(全て要顔写真付き)/個人番号カード(マイナンバーカード)のみ アルコール飲料購入ご希望の方はIDチェックブースにて顔写真付き身分証明書のチェックがございます。チェック後リストバンドを装着して頂きます。 昼は暖かいですが、夜は冷えるので防寒できる服装でお越しください。 EDC JAPAN 2017のオフィシャルバーではクレジットカードと電子マネーがご利用できます。 使用可能なクレジットカードは、JCB、VISA、MasterCard、AMEX、DINERS、DISCOVERとなります。 使用可能な電子マネーカードは、Suica、PASMO、ICOCA、TOICA、SUGOCA、manaca、nimoca Kitaca、はやかけん、nanaco、楽天Edy、WAONとなります。 ※電子マネーカードについては会場でのご入金は出来ませんので、 最寄りの交通機関、コンビニなどでチャージしてからご利用下さい。 ※会場内にATMはありません。駅近郊のATMで先にお済ませください。 ※リストバンドの再発行は一切致しません。   At the Official Bar from…

Read More

テクノ界の親日家・DUBFIRE!

今月初旬にDubfireに会った時、彼は丁度騒々しいイベントが続いた数週間の旅が終わったところでした。マイアミ・ウィンター・カンファレンスで自身のパーティーやフェスティバルへの出演を終え、その後すぐにテクノのビッグフェスTime Warp Festivalに出演するために南ドイツへと飛びました。 「今完全にぶっ壊れてるよ」と彼は笑いました。 「マイアミで会ったみんな、そして1週間後にTime Warpで出会ったみんな、僕たちは全員時差ボケ、睡眠不足、とその両方でふらふらだよ」 USアンダーグラウンドシーンのベテランの彼にとっては忙しくなる1年の序章に過ぎません。DubfireのDJスケジュールはいつもぎっしりと詰まっています。現在彼は自身のレーベルSCI+TECの10周年アニバーサリーツアーの真っ最中です。“A Decade of Dubfire”プロジェクトではアルバム、ドキュメンタリー、コーヒーテーブルブック、更にHYBRIDライブショウでのパフォーマンスも収められています。EDC JapanではNicole Moudaberや日本ローカルアーティストに交じってneonGARDENに出演します。 Dubfire にとってもEDC Japanは特別なフェスティバルの1つです。20年にわたるキャリアの中で日本のアンダーグラウンドなクラブに何度も出演しており、非常に思い入れのある国だそうです。Twitterプロフィールに“グラミー賞獲得アーティスト”と並べて“親日家”や“日本酒マニア”と自称しています。 「Richie Hawtinの後を付いて行ってるだけかな」 と日本酒好きのHawtinを引き合いに出し笑いました。HawtinのテクノイベントENTERでは日本酒バーがあるんです。 「EDC JAPANに出演する機会があるなら、数少ないテクノアーティスとしてラインナップされるなら、是非とも参加したいと思っていたよ」、「初めて日本に来たのは1998年で、それ以来毎年来てるんだ、1年で2,3回来れるときもあった。かなり長くいい関係を保ってるよ」とDubfireは言いました。 「日本のクラブカルチャーは、僕にとっては最初に日本に来た時とほとんど変わってない。お客さん全員、プレイしてる僕の方を見ている。他の場所では携帯に夢中になってるお客さんも多いけど日本はそんなに見かけない。DJの方を見て、目を閉じて声をあげ、夢中で音楽を聴いている。音楽とどうつながってるかっていうのを見せてくれるんだ。エネルギーの波を感じて僕もお返しすることができる。受け取って、またお客さんに返す、っていう感じ。DJとオーディエンスの間にそういう特別な関係が何年も存在して、それが日本のお客さんの好きなところなんだ」 「DJとオーディエンスの間にそういう特別な関係が何年も存在して、それが日本のお客さんの好きなところなんだ」 「1番大切な思い出は多分渋谷にあるWOMBが出来た頃とYELLOWでの事なんだ。SharamとDeep Dishでツアーしてた時はよく2週末は滞在していた。彼も僕と同じぐらい日本が好きだったからね。残念ながらYELLOWはもう無くなってしまったけど、本当に伝説的なクラブだよね」 Dubfireと日本とのコネクションはだいぶ深いようです。日本文化が彼にどのように響いているか、完璧主義な国民性について語りました。 「床を掃除していても、代官山や原宿のお店で働いていたとしても、寿司一つ一つ丁寧に握っていても、全てにおいて皆謙虚で、丁寧に取り組んでる姿が素晴らしいんだ」 「特にこの完璧主義なところが魅力的だと思う・・・自分の人生や仕事へのインスピレーションになっている。日本人にとってはあまりにも普通でいかに素晴らしいかって事に気が付いていないことかもしれないけどね」 他にはアキラなどアニメ映画や漫画なども好きだという。三池崇史を好きな映画監督にあげ、日本レストランを世界のベストとも言う。 「全体として日本は素晴らしいところなんだ。DJを始めたころにここでグルーヴをみつけたし、20年たった今でも新しい発見がある」 Dubfire は12月にA...
Read More

いよいよあと4日後にはスタート!今週末に迫ったEDCの会場MAP発表!

いよいよあと4日後にはスタート!日本初上陸となるEDCの会場MAPをチェック!   今回のEDC JAPANでは3ステージ+ART CARのboomboxが登場!   マリンスタジアムを使用し本場ラスベガスのステージを再現!自然とテクノロジーが融合する神聖なエリアとなるkineticFIELD(キネティックフィールド) 幕張のビーチエリアに雄大に展開され、砂浜で自然を感じながら全身でEDCの世界観に触れることができるcircuitGROUNDS(サーキットグラウンド) カーニバルスクエアに隣り合わせているエキゾチックな空間のneonGARDEN(ネオンガーデン)では、アンダーグラウンドなDJが集結します。 さらにマリンスタジアムの外周を駆け巡る移動式ART CARのboombox(ブーンボックス)もお見逃しなく。   ・ご入場時は必ず顔写真付IDチェックがございます。※IDの種類を必ず事前にチェックしてご持参ください。 ・アルコールをご希望の方は必ず会場内外のIDチェックブースにご購入の前にお立ち寄りください。※飲酒運転は法律で禁止されてます。 ・喫煙は所定のエリアでお楽しみください。 ・また各券種ごとにエントランスが分かれますので予めご注意ください。当日は係員の誘導に従ってお進みください。   今日4/25(火)現在の天気予報は最高気温20℃超えのフェス日和!ただし夜は冷えるので防寒準備はお忘れなく! VIPチケットは完全ソールアウト!残るはGA 2日通し券/各日1日券のみ!こちらもお急ぎください! みんなでELECTRIC SKYのもと楽しみましょう! チケット購入はコチラ

Read More

EDC Japan初開催記念 twitter限定! #私をベガスに連れてって キャンペーン!!

世界最大規模の動員数を誇るEDMフェス「EDC(Electric Daisy Carnival)」を、2017年4月29日(土・祝)・30日(日)に日本で初開催を記念して、 本場ラスベガスのEDC(2017年6月16日~18日)へご招待するキャンペーンを実施します。 是非参加して本場【EDC ラスベガス】の豪華VIP体験で人生最高の3日間を過ごしてみませんか? あなたは誰と行きますか? ■EDC Japan公式twitterアカウント ■EDC Japan 2017 チケット最終先着先行はコチラ   <キャンペーン実施概要> EDC Japan公式twitterアカウント(@EDC_Japan)をフォローし、 期間中に対象ツイートをリツイートしていただいた方の中から抽選で賞品をプレゼントいたします。 ■対象ツイート #私をベガスに連れてって 本場【EDC ラスベガス】VIP体験で人生最高の3日間。誰といく? @EDC_Japanをフォローして一緒に行くフレンドに向けてRTするだけでエントリー完了! 今すぐ参加:insom.co/EDCJP_LV #EDCJAPAN ■キャンペーン期間 2017年4月14日(金)12:00〜4月28日(金)23:59 (日本時間) ■キャンペーン賞品 ・3000リツイート以上:EDC…

Read More

Martin Garrix がEDC JAPAN出演に向けて日本限定アルバム「The Martin Garrix Collection」をリリース!

  Martin Garrixは若干20歳の時ビートポートのチャートにいるアーティストを集め、自身のレーベルを立ち上げました。そして2016年度のDJ MagランキングのトップDJに選ばれたという大注目のアーティストです。 Martin Garrixは日本が大好きで、日本にも彼のファンがたくさんいます。Electric Daisy CarnivalをZOZOマリンスタジアム/幕張海浜公園EDC特設会場で初開催することを祝し、Garrixは「The Martin Garrix Collection」というタイトルの日本限定特別アルバムをリリースします。 4月21日(金)にiTuneで販売開始、先行予約はコチラ。 全15曲、自身のヒットシングル“Scared to Be Lonely”収録、そのアコースティックバージョンはロンドンにあるかの有名なAIRスタジオで録り、Dua Lipaのボーカルにオーケストラとの共演でGarrixのプロダクションの能力がさらに進化していることがわかります。 更に新しいニュースですが、Garrixの期待が高まるニューシングル“Byte,”でシンセとヨーロピアンビートを盛り込んだbig roomな音を聴かせてくれます。自身のレーベルSTMPD RCRDSからイチオシのニューカマーBrooksとのコラボレーションです。 追加情報: When you preorder Martin Garrix Collectionを先行予約すると, “Scared to Be…

Read More

YELLOW CLAWのナンバーをチェックしてみよう!

オランダからきたデュオ・Yellow Clawの強烈なパフォーマンスで、無意識に踊り続けた次の日は体中が痛くてぐったりしてしまうかも?! それでもいいと思えるくらい、最高の空間をつくってくれる彼ら。 まずYellow Clawのプレイリストを聴いて、好きな方向に腕を振り上げてみてください。 Yellow ClawがEDC JapanでTRAP MUSICをかけてくれるのが待ちきれませんね!
Read More

EDC Japanのプレイリストをチェック!

EDC Japan初上陸の日がいよいよ迫ってきました。私たち主催チームも本当にワクワクしています。 当日は非日常・未体験の時間・空間を皆で体感して、ゴールデンウィーク最高の思い出を共につくりましょう! すでにアーティストラインナップが発表されましたが、当日をよりお楽しみいただけるように、出演者の曲を集めたプレイリスト第1弾を作成しました。 ぜひ一度チェックしてみてください!   チケット最終先行受付はコチラ    

Read More

EDC JAPANのプレイリストを聴きながらNEON GARDENをイメージしてみよう!

EDCでアンダーグラウンドな音が聴けるステージ:neonGARDEN(ネオンガーデン)は、よりディープな音楽を探しているあなたにとって、最高に心地よい場所になるはずです。 “ディープ”というのは、フェスティバル中メインとなるフレッシュなハウスやテクノの更に奥深くにある、自分の鼓動と共鳴するようなあの音。このプレイリストを聴いてアンダーグラウンドな雰囲気を感じてください!
Read More

EDC JAPAN ステージ割り発表!

EDC JAPANの初開催までもう数週間と迫っています! 日に日にその期待は高まるばかりです。 皆さんもすでにご確認済みだと思いますが、我々は素晴らしいラインナップをご用意しています、そしていよいよステージ割りもご紹介します! また、追加ラインナップも発表します!Bonnie X Clyde、Baumer、さらに日本のエレクトロニックミュージックコミュニティーを代表するローカルアーティスト達です。 出演者全員の曲が聞けるオフィシャルEDC JAPANのプレイリストをチェックしてください!   EDC JAPANのチケットはコチラ  

Read More

AXWELL ^ INGROSSOのプレイリストでEDC JAPANの予習をしよう!

心揺さぶるアンセムに次ぐアンセムでAxwell ^ Ingrossoはフェスティバル界で確実にお客さんを呼ぶアーティストとして評価されています。 このメインステージの大物は10年の経験から、ダンスフロアの雰囲気がどんなものかを伝えてくれます。そして彼らはスタジオの中でも無敵です。 初開催のEDC JAPANに出演する2人への期待は高まるばかりですが、まずはこのプレイリストで彼らの曲を聴いて準備をしましょう。是非あなたの好きな曲をリピートで聴いてみてください!  
Read More

EDC JAPAN限定:FATBOY SLIMの最新MIX公開!

20年以上に渡りFatboy Slimとして活躍しているイギリス・ダンス界の大物Norman Cook。はっきりとは語られていないが、何かやるなら派手にやるほうがいいという説がある。その例として、彼の故郷ブライトンビーチで開催されたBig Beach Boutiqueでは250,000人を動員し、どんちゃん騒ぎをして街をほぼ機能不全にしたという。 彼は同規模程度のド派手なパーティーをシドニーのボンダイ・ビーチやリオのフラメンコ・ビーチ等世界各地30箇所余りのビーチでも行った。 グラストンベリーのメインステージに立った初めてのDJでもあり、99年にArmand Van Heldenとボクシングリングでにらみ合う状態でDJをするというスペシャルなアリーナショウを行い、ミレニアル世代より前の派手な演出を語るうえでは欠かせない存在である。   “自分のキャリアについて考えてみたんだ、‘どのぐらい大きくできるのか? Brixton Academyでできる? これを他の大きな箱でできる?’ でも少し経ったら、いつも大きくすることに疲れてしまったんだ。結局は横道にそれるのがいいアイディアなんだなって思った。 今年のFatboy SlimのDJ scheduleを見てみると、彼の言う”面白い“ギグが中心となっていた。 Cream Ibizaでのレジデンシ―もまた決定、去年ボイラールームでの3時間ロングセットに続き、 ドイツのMelt Festivalではなかなか見れない長いセットも披露する予定である。バンクシ―が作ったディストピアのテーマパークDismalandでプレイしたことも語った。   “今の僕は新鮮で面白いことをやっていたい。グラストンベリーやイビザなど毎年やるギグもあるけど、普段と違うことをやるのも面白いよね。—新しい場所、箱を試したり。   Cookはそのようなギグの一つが日本で4月末に開催されるEDC JAPANだという。彼のパーティーセットをかけるというベテランなアプローチは大きなEDMのメインステージに合わないとわかっていながら、東京でのフェスティバルでは例外となる。Fatboy Slimが日本のワイルドでうるさい側面のカルチャーにフィットすると考えていたら、あなたは正しい。.   “日本では数え切れないほどDJしたよ。スケジュールが詰まってて数年は行けなかったけど、1年に1回は日本に行けてた時期もあったね。オーディエンスとはいつも素晴らしい一体感があった。似ているところが多くてとても驚いたんだ。大きな言葉の壁があるけど、他のすべては完全に合うんだ。日本とブラジルは特に友達に向けてDJしているような感じなんだ。同じ冗談で笑ったり、モチベーションも同じなんだ。僕は日本ではずっと人気があるから、また戻れるのを楽しみにしているよ!”...
Read More

EDC JAPAN 2017年4月に日本初開催!

ヘッドライナーの皆さんへ待望のお知らせ:EDCが日本で初開催決定! Headliners, we’ve got huge news: EDC is making its debut in the Land of the Rising Sun! EDC JapanはZOZOマリンスタジアム&幕張海浜公園EDC特設会場で2017年4月29日(土・祝)・30日(日)に記念すべき第一回目の開催を致します。壮大なステージ演出やコスチュームに身を包んだパフォーマー、そして世界最高のエレクトロニック・ダンス・ミュージックで音楽イベントの枠を超える唯一無二の体験をお楽しみください。 From Saturday, April 29, through Sunday, April 30, 2017, the…

Read More

Experience EDC in Video

あのフクロウがまた翼を広げ、美しい日本に降り立ちます。圧巻のEDCの世界観を初めて日本のヘッドライナーの皆様にお届けできることを言葉にできない程、興奮しています。この4月開催に向けて、これまでのEDCから我々のお気に入り映像をまとめてみました。これらを見て4月のフェス当日まで気持ちを盛り上げていきましょう。 The Owl spreads its wings once again, this time touching down in beautiful Japan, and we’re beyond excited to bring the EDC experience to an entire new country of…

Read More

EDC 101

2017年4月にEDC Japanが開催されます。Insomniacは新しいParty Peopleをフェスティバルマニアの家族として受け入れたいと思います。 EDCに初めて来られる方にとってはここでご紹介する記事は有益なものとなるでしょうか。 ここではあなたの人生においてEDCを最高の体験とすべく最大限楽しむためのポイントをご紹介します。 With the inaugural EDC Japan going down in April, Insomniac is excited to induct a new population of party people into its family of festivalgoers….

Read More

Get to Know the Legacy of EDC(EDCを紐解こう)

エレクトリック・デイジー・カーニバル(EDC)は1997年に初めて着手されてから長い道のりを歩んできました。 90年代後半のロサンゼルスでアンダーグランド・ムーヴメントとして始まり、今では世界中で最も革新的なフェスティバルとしての進化を遂げ、感度が高いそれぞれの地元の口コミで広まったイベントから、世界中のRAVERやエレクトロニック・ミュージック・カルチャー愛好者たちの通過儀礼へと変貌を遂げてきました。 2017年4月に記念すべき日本での初開催を迎えるにあたって、今一度EDCの歴史と遺産を再び振りかえってみましょう。 Electric Daisy Carnival (EDC) has come a long way since first launching in 1997. What started as an underground movement in late-‘90s Los Angeles has now evolved…

Read More
1

準備はバッチリ? 当日券も販売&注意事項もしっかりチェック!

EDC Japan、2日目がもうすぐゲートオープン! (English below) 参加に備えて、以下の事項もお目通しくださいませ。 当日券 各日GA1日券 16,000円(税込)を販売いたします。(午前10時〜:TICKET/BOX OFFICEにて) 再入場不可 18歳以上入場可、VIPは20歳未満入場不可。 入場時IDチェック有り:パスポート/運転免許証/住民基本台帳カード・外国人登録証・障害者手帳・在留カード(全て要顔写真付き)/個人番号カード(マイナンバーカード)のみ アルコール飲料購入ご希望の方はIDチェックブースにて顔写真付き身分証明書のチェックがございます。チェック後リストバンドを装着して頂きます。 昼は暖かいですが、夜は冷えるので防寒できる服装でお越しください。 EDC JAPAN 2017のオフィシャルバーではクレジットカードと電子マネーがご利用できます。 使用可能なクレジットカードは、JCB、VISA、MasterCard、AMEX、DINERS、DISCOVERとなります。 使用可能な電子マネーカードは、Suica、PASMO、ICOCA、TOICA、SUGOCA、manaca、nimoca Kitaca、はやかけん、nanaco、楽天Edy、WAONとなります。 ※電子マネーカードについては会場でのご入金は出来ませんので、 最寄りの交通機関、コンビニなどでチャージしてからご利用下さい。 ※会場内にATMはありません。駅近郊のATMで先にお済ませください。 ※リストバンドの再発行は一切致しません。   At the Official Bar from…

Read More
Dubfire-700x430

テクノ界の親日家・DUBFIRE!

今月初旬にDubfireに会った時、彼は丁度騒々しいイベントが続いた数週間の旅が終わったところでした。マイアミ・ウィンター・カンファレンスで自身のパーティーやフェスティバルへの出演を終え、その後すぐにテクノのビッグフェスTime Warp Festivalに出演するために南ドイツへと飛びました。 「今完全にぶっ壊れてるよ」と彼は笑いました。 「マイアミで会ったみんな、そして1週間後にTime Warpで出会ったみんな、僕たちは全員時差ボケ、睡眠不足、とその両方でふらふらだよ」 USアンダーグラウンドシーンのベテランの彼にとっては忙しくなる1年の序章に過ぎません。DubfireのDJスケジュールはいつもぎっしりと詰まっています。現在彼は自身のレーベルSCI+TECの10周年アニバーサリーツアーの真っ最中です。“A Decade of Dubfire”プロジェクトではアルバム、ドキュメンタリー、コーヒーテーブルブック、更にHYBRIDライブショウでのパフォーマンスも収められています。EDC JapanではNicole Moudaberや日本ローカルアーティストに交じってneonGARDENに出演します。 Dubfire にとってもEDC Japanは特別なフェスティバルの1つです。20年にわたるキャリアの中で日本のアンダーグラウンドなクラブに何度も出演しており、非常に思い入れのある国だそうです。Twitterプロフィールに“グラミー賞獲得アーティスト”と並べて“親日家”や“日本酒マニア”と自称しています。 「Richie Hawtinの後を付いて行ってるだけかな」 と日本酒好きのHawtinを引き合いに出し笑いました。HawtinのテクノイベントENTERでは日本酒バーがあるんです。 「EDC JAPANに出演する機会があるなら、数少ないテクノアーティスとしてラインナップされるなら、是非とも参加したいと思っていたよ」、「初めて日本に来たのは1998年で、それ以来毎年来てるんだ、1年で2,3回来れるときもあった。かなり長くいい関係を保ってるよ」とDubfireは言いました。 「日本のクラブカルチャーは、僕にとっては最初に日本に来た時とほとんど変わってない。お客さん全員、プレイしてる僕の方を見ている。他の場所では携帯に夢中になってるお客さんも多いけど日本はそんなに見かけない。DJの方を見て、目を閉じて声をあげ、夢中で音楽を聴いている。音楽とどうつながってるかっていうのを見せてくれるんだ。エネルギーの波を感じて僕もお返しすることができる。受け取って、またお客さんに返す、っていう感じ。DJとオーディエンスの間にそういう特別な関係が何年も存在して、それが日本のお客さんの好きなところなんだ」 「DJとオーディエンスの間にそういう特別な関係が何年も存在して、それが日本のお客さんの好きなところなんだ」 「1番大切な思い出は多分渋谷にあるWOMBが出来た頃とYELLOWでの事なんだ。SharamとDeep Dishでツアーしてた時はよく2週末は滞在していた。彼も僕と同じぐらい日本が好きだったからね。残念ながらYELLOWはもう無くなってしまったけど、本当に伝説的なクラブだよね」 Dubfireと日本とのコネクションはだいぶ深いようです。日本文化が彼にどのように響いているか、完璧主義な国民性について語りました。 「床を掃除していても、代官山や原宿のお店で働いていたとしても、寿司一つ一つ丁寧に握っていても、全てにおいて皆謙虚で、丁寧に取り組んでる姿が素晴らしいんだ」 「特にこの完璧主義なところが魅力的だと思う・・・自分の人生や仕事へのインスピレーションになっている。日本人にとってはあまりにも普通でいかに素晴らしいかって事に気が付いていないことかもしれないけどね」 他にはアキラなどアニメ映画や漫画なども好きだという。三池崇史を好きな映画監督にあげ、日本レストランを世界のベストとも言う。 「全体として日本は素晴らしいところなんだ。DJを始めたころにここでグルーヴをみつけたし、20年たった今でも新しい発見がある」 Dubfire は12月にA...
Read More

FESTIVAL INFORMATION

EDCUK2016_0709_120638-3851_IME-essential

T I C K E T S

EDCNY2015_0523_205726-0072_DVS-essential

L I N E U P

EDCNY2015_0523_145613-8385_AGP-essential

G A L L E R Y